高校受験のための塾にいつから通わせればよいのか、選び方も含めて解説

高校受験のための塾に、子どもをいつから通わせればよいのか解説しています。高校受験のために子どもを塾に通わせるのはもはや当然。その時期は早ければ早いほど効果的です。
高校受験の準備は、もはや塾無しではできないと言われるほどになっています。では、高校受験のための塾に、子どもたちをいつから通わせればよいのでしょうか?この記事では、塾で学習を始める時期や、塾の選び方について解説しています。中学生の親御さんは、ぜひ読んでみてください。

塾が高校受験の準備に役立つ理由

西小山

塾に通わずに高校を受験して合格する子どもももちろんいます。しかし、塾に通うことで効率良く学習を進められることも事実です。塾での学習は、子どもたちにとってどんなメリットをもたらすのでしょうか?

学力アップ

学力アップは、塾に子どもを通わせる親御さんにとって目標であり願いだと思います。塾には定期的に通うことになりますから、子どもたちを塾に通わせるだけで勉強する習慣を身につけさせることが可能です。

勉強が習慣づき、塾に通うほかの子どもたちとともに切磋琢磨することで、勉強へのモチベーションも確実に上がってきます。

受験・学校はもちろん、それ以外の相談にものってくれる

塾は、高校受験や学校の定期テスト対策以外にも、さまざまな相談にのってくれます。この時期の子どもたちには学習だけではなく、精神的なサポートも必要です。塾の講師やアドバイザーは、親御さんとはまた異なる立場から、子どもたちが目標に向かって学習を進められるよう、サポートしてくれます。

いつから高校受験のための塾に通わせればよいのか

西小山

高校受験のための勉強は、早く始めるに越したことはありません。中学生になったら、すぐに高校受験の準備を始めるのが理想的です。もちろん、「もううちの子どもは3年生なんだけど」という場合でも悲観することはありません。実は3年生になってから塾に通わせる親御さんが大半です。ただ、早く始めたほうがいい理由はあります。ここからは、中1、中2、中3という学年別に、塾での学習をスタートさせるメリットを考えてみましょう。

中1から塾で高校受験の準備

中1から塾に通わせて高校受験の準備を始めるメリットは、時間がたっぷりあることです。中1の段階だと、まだ勉強のやり方がよくわかっていない子どもたちも多いので、まずはその「勉強する習慣」を身につけるためにたっぷり時間を使えます。勉強のやり方がわかり、習慣化すれば、成績は飛躍的に伸びるはずです。

また、中1の段階から成績を伸ばせれば、高校受験の際に重要な内申点を上げることができます。学力はあるのに、内申点の影響で志望校をあきらめなければならないこともあるので、中1の段階から内申点を意識した準備をすることはとても重要です。

中2から塾で高校受験の準備

多くの子どもたちが中3から塾に通う中、中2から塾に通えば、それだけ受験準備に時間をかけられるわけですから、それだけでも有利です。中2から準備をすれば内申点対策には十分なので、できるだけ早く学習を進めましょう。

中2になると学校にも慣れ、部活動も最も盛んになるため、勉強がおろそかになる子どもたちも多くなりますが、塾に通わせることで勉強を習慣づけられれば、どんどん難しくなる授業にも対応できるようになります。

塾に通うと、子どもは勉強のやり方がわかるようになります。学校だけではなく、塾でも子どもの学習についてみてくれるので、たとえ後れをとったとしても、正しい方向を向いて勉強できるよう導いてくれます。

中3から塾で高校受験の準備

すでに触れたように、多くの子どもたちが塾に通いだす中3の段階。やはり、中2までに通わせたほうがよいことはたしかですが、それでも子どもたちに勉強しやすい環境を与えることで、勉強へ向けての態度や意識を改めさせ、集中させることは可能です。部活動を引退すると、いよいよ受験勉強も終盤戦になりますが、この時期だと塾が受け入れてくれない場合もあるので注意が必要です。中3から塾に通わせても、子どもの学習への取り組み次第では難関校への合格も夢ではありません。できれば中3になってすぐの段階から塾に通わせたほうがよいでしょう。

高校受験のための塾を選ぶ方法

西小山

子どもが志望する高校に合格できるよう、塾を選ぶ際は親御さんが子どもを導いてあげる必要があります。ここからは、高校受験のための塾を選ぶ方法について解説します。

塾の指導方針を確認

子どもに合った塾を選ばなければ、子どもがモチベーションを保ちながら目標を目指せません。そのため、まずは塾の指導スタイルや方針を確認しましょう。

塾は、大まかに「集団指導塾」と「個別指導塾」に分けられます。

集団指導塾では、学校のクラスと同じようなスタイルで授業が進められます。学力でクラスが分けられるのが一般的で、ほかの子どもたちと競争することでがんばれるタイプの子どもに向いています。しかし、講師に質問しづらいところがあるため、内気な子どもにはあまり向きません。

集団指導塾では、学校のクラスと同じようなスタイルで授業が進められます。学力でクラスが分けられるのが一般的で、ほかの子どもたちと競争することでがんばれるタイプの子どもに向いています。しかし、講師に質問しづらいところがあるため、内気な子どもにはあまり向きません。

授業のようなスタイルではなく、子どもが自習をして、わからないところを講師に質問するスタイルの塾もあります。

高校受験のための塾ではありますが、内申点対策を含め、学力の礎を築くことも、子どもを塾に通わせる目的のひとつです。

楽しい雰囲気の中、子どもたちに自然と競争心を植えつけるような塾もあれば、完全個別指導の塾もあるなど、塾にはさまざまなキャラクターがあります。

子どもと話し合いながら、子どもの性格やスケジュールなども考慮して、理想の塾へと導いてあげましょう。

合格実績を確認

塾には、必ず合格実績が張り出されています。合格実績のみで塾を判断してはいけませんが、志望校の実績が多い塾は、やはり候補になります。ただし、どうしても大手の塾のほうが実績は多くなるため、高校の難易度を考慮して実績を見ることが重要です。

体験授業があれば出席

塾の雰囲気を知るには、体験授業に出席するのが早道です。すべての塾で実施しているわけではありませんが、実施しているようなら体験授業に出てみましょう。

体験授業に出てみたら、インターネットやパンフレットから感じていた雰囲気とは異なる雰囲気を感じることもあります。「体験」とはいえ、子どもが「合わないな」と感じるようなら、子どもが集中できる環境とはいえません。

まとめ

西小山

高校受験のために子どもを塾に通わせるなら、可能なかぎり早く通わせるのが理想的です。時間があればそれだけ準備に時間をかけられるからです。できれば中1、それがかなわないなら中2の時点で準備を始められれば、内申点対策ができます。

そのうえで、子どもの性格や部活動、習い事などのスケジュールを考えて、無理なく学べる塾を選ぶことが重要です。なるべく早い段階で勉強のやり方、そして習慣を身につけられれば、子どもの学力はどんどん伸びます。子どもをここまで導いてあげることが、親御さんの役割だといえるでしょう。